貴社のEC事業を強力サポート

Order accepted
& Call center
受注代行・カスタマーサポート

一貫した品質の高い顧客対応サービスを提供いたします。

受注対応やお問い合わせ対応に時間がかかる…
繁忙期は毎回パンクしてしまう…
受注業務に関するお悩みは
ありませんか?

  • case1

    店舗展開やマーケティングに
    力を入れたい

    受注対応やお問い合わせ対応に
    時間がかかり、なかなかできない

  • case2

    苦労して採用育成した
    スタッフが
    また辞めてしまった

    採用 育成にかかった
    労力・時間・コストが無駄に

  • case3

    少人数のECサイト運営のため
    繁忙期は毎回パンクしている

    他の業務にも
    影響がでてしまっている

  • case4

    繁忙期のみスタッフを増員

    不慣れなためミスが頻発

  • case5

    受注とお問い合わせ対応にかかる
    人件費(固定費)がもったいない

    件数に応じて変動費化できないものか

KSプレミアムスタッフの

受注代行・カスタマーサポート
で全て解決できます。

受注代行・カスタマーサポートとは

注文者と物流倉庫の間で、貴社の代わりに弊社が受注やお問い合わせに対応いたします。

  • ECモール対応
  • 自社ECサイト対応
  • 一元管理システム対応
  • 電話・FAX注文対応
  • 電話・メールの問い合わせ対応

弊社は、BtoC(EC・通販等)、BtoB(メーカー・卸等)問わず、
多くのクライアント様の受注業務を請け負わせていただいております。
楽天・Yahoo・Amazon等のショッピングモールの受注対応、自社店舗のカートシステムの受注対応、
多店舗展開向け一元管理システムの受注対応はもちろんのこと、
電話やFAXによる注文受付・注文登録や、BtoBの受注対応に多い独自システムやEDIの受注対応も可能です。
また、エンドユーザーからの電話やメールのお問い合わせにも対応しております。
上記のようなお悩みをお持ちでも、弊社に受注業務をアウトソーシングいただくことで、
本来やりたかった店舗展開やマーケティングに注力でき、採用・育成や繁忙期を気にすることなく、
事業を推進することが可能になります。

モール・カート・一元管理システム・自社システム
様々なシステムに対応可能

楽天・Yahoo・Amazon・Wowma、Qoo10等、ショッピングモールの受注対応
FutureShop・MakeShop・ECCUBE・たまごリピート・リピスト等、カートシステムの受注対応
ネクストエンジン・クロスモール・TEMPOSTAR・GoQSystem・速販等、一元管理システムの受注対応
クライアント様の独自システムの受注対応

対応内容例(一部)
ご要望に沿って対応内容・範囲をお決めいたします。

  • 備考欄確認
  • ステータス変更
  • 入金確認メール
  • キャンセル対応
  • 注文内容変更
  • 支払方法変更
  • オーソリ業務
  • クレジット金額変更
  • 送り状番号登録
  • 配送日時変更
  • 出荷指示
  • 返品対応
  • 電話・メールでのお問い合わせ対応

受注業務をアウトソースするメリット

コアビジネスに集中できる

導入前の悩み(これまで)

日々の受注業務に追われ、店舗展開やマーケティングなど事業拡大の施策がなかなか進められなかった。

導入後の結果(これから)

弊社が日々の受注業務を行うことで、
「本来やりたかった」事業拡大に向けた取り組みを進めることができる。

受注業務の安定化

導入前の悩み(これまで)

受注担当の欠勤・退職や、セール・イベントなどで受注が増える繁忙期は、不慣れな他業務の担当にサポートしてもらっていた。

導入後の結果(これから)

弊社が受注業務を行うことで、御社は上記のシチュエーションから解放される。
弊社ではメインの担当以外に、普段は他クライアント様の受注を担当している「スタッフ複数名をサブ担当として育成」し、
メイン担当の欠勤・退職、繁忙期にも「業務の安定性を維持」することができる。

受注コストの変動費化

導入前の悩み(これまで)

売上の増減に関わらず、受注担当の人件費が固定費としてかかっていた。
売上が下がっても固定費は変わらないため、閑散期には赤字リスクが孕んでいた。

導入後の結果(これから)

弊社の受注代行サービスは、「受注1件あたり○○円」という単価を設定する。
「単価×受注件数=請求額」となるため、受注件数の増減に比例する「コストの変動費化」が可能となる。
閑散期には請求額も減少するので、赤字リスクへの耐性は高くなる。

導入の流れ

  1. お問い合わせ

    当サイトのお問い合わせフォーム、またはお電話にて、お気軽にご相談ください。

  2. お打ち合わせorお電話でのヒアリング

  3. お見積書の提出

  4. ご発注

  5. お打ち合せ(詳細確認・開始に向けた準備)

  6. 各種準備・設定

  7. スタート

よくあるご質問

Qモール店以外に自社サイトの対応も可能ですか?
Aはい、可能です。EC-CUBEやFutureShopなど様々なカートシステムの使用経験がございます。また、ネクストエンジンやクロスモールなど、受注処理の一元管理システムのご対応も可能です。
Q物流は他社に委託していますが、受注業務だけ代行いただくことは可能ですか?
Aはい、可能です。当社以外の物流会社に物流業務を委託されている場合や自社で物流業務を引き続き行われる場合も、受注業務のみ代行させていただきます。
Q受注代行だけではなく、コールセンター業務、カスタマーサポート業務も一緒に代行いただくことは可能でしょうか?
Aはい、可能です。受注業務、コールセンター業務(電話対応)、カスタマーサポート業務(メール対応)は切っても切れない関係にありますので、一緒にご依頼いただくことをお勧めしております。
御社で判断されたほうが良い内容のみ切り分けるなど、ご要望に応じてご提案いたします。
QFAXの受注業務を代行いただくことは可能でしょうか?
Aはい、可能です。ECサイト経由の注文があたりまえの時代ですが、特にBtoBにはFAXによる発注が根強く残っております。当社では、FAX受信からReFAX対応、注文登録、出荷指示等、FAXを用いた一連の受注業務も対応しております。
Q独自システムを用いた受注業務を代行いただくことは可能でしょうか?
Aはい、可能です。自社開発のシステムでも、貴社のお取引先のEDIシステムでも、ログインアカウントを発行・共有いただければ貴社の代わりに対応いたします。
Q大体の費用感を教えてください
A弊社では、費用を固定しておりません。業務内容や業務範囲、作業工数など詳細をヒアリング(電話または訪問)させていただき、一社一社に合わせた御見積を提出させていただいております。
Q個人事業主ですが、対応可能でしょうか?
Aはい、可能です。ただし、弊社取引基準に満たない場合はお断りさせていただく場合がございます。まずはご相談くださいませ。
Qシステム選定・導入支援を行うことは可能でしょうか?
Aはい、可能です。貴社に合わせて選定・導入支援することが可能ですので、まずはご相談くださいませ。
その他のお問い合わせは、下記よりお問い合わせくださいませ。