物流コスト削減について

物流のコスト削減についてご提案します

御社の業務に合わせた物流コスト削減方法をご提案します

御社の業務に合わせた物流コスト削減方法をご提案します

弊社は、様々な物流サービスを展開している物流アウトソーシング会社です。
お客様が物流について抱える課題やコストの問題をお聞きし、物流コストの削減・課題改善ができるようご提案します。

何もしなくても毎月かかる
人件費・車両維持費・倉庫賃料などの固定費がもったいない・・・
物流コストの変動費化をおすすめします

物流システム紹介

物流コストの変動費化をおすすめします

変動費化することで、このようなメリットがあります

収益の安定化 コアビジネスに専念 迅速・安全

物流コストとは、物流に関連して発生する費用すべてのことをいいます。
弊社では、物流コストを人件費、輸配送費、保管費の3つの切り口で分けています。

人件費は、物流に携わる社員・アルバイトの賃金(時間外含む)、諸手当、賞与、退職金、福利厚生費などです。

輸配送費は、チャーター車、宅配便、緊急便、元払運賃などの支払額や、自社購入輸配送車両の車両費、車両維持費などです。

保管費は、外部倉庫の保管料、作業料、自社倉庫の施設・設備・システムなどの減価償却費などを指します。
物流のコスト見直しでは、毎月何もしなくてもかかる固定費を変動費化する方法をおすすめします。

物流コストの変動費化とは

物流コストの変動費化とは

物流コストの変動費化とは、上記に上げたコストの中で、固定費として考えるのは常用雇用の社員・アルバイトなどの人件費、自社購入輸配送車両の車両費・維持費、自社倉庫の減価償却費が主な固定費です。

季節的要因や競合他社の台頭による顧客の奪い合いなどにより物量の変動が激しい中で、固定費が大きいと物量が減少した場合に収益の圧迫につながります。

逆に、これを恐れて規模を縮小していると、大きなビジネスチャンスが訪れたときにはその物量に耐え切れず、商機を逃してしまいます。このような悩みを解決するためには、需要変動(売上変動)に比例して物流コストも変動するように、コスト構造を改善する必要があります。

変動費化の事例紹介

物流コスト削減のため、変動費化するプランをご紹介します。

人材派遣の利用

スポット派遣を利用することで、募集コスト・労務管理コストが削減できます

物量の波動に合わせて臨機応変に作業員の増減をコントロールするためには、スポット派遣の利用をおすすめします。

自社にて日雇いアルバイトを利用する方法もありますが、募集広告のコストが発生することに加え、1人も応募者が集まらない場合や、集まったとしても日雇いアルバイトは出入りが激しいため、募集を継続的に行う必要があるなど、リスクがあります。

また、日々の出勤手配業務や労務管理、日雇いアルバイトの給与計算・支給業務など管理コストと業務負荷が高まります。

人材派遣を利用することで、上記のコストや業務負荷から開放され、柔軟に人員数を調整できます。

弊社下記サービスをご提案します

人材派遣
人材派遣

スポット派遣から長期派遣、マネージャークラスの特定派遣までお任せください。

詳細はこちら

請負の利用

請負の利用

倉庫内業務を完全にアウトソーシング化し、人材会社へのオーダーの手間も削減

人材派遣の利用にはメリットもありますが、物量波動に応じた必要人員数を試算して派遣会社にオーダーする業務は残ります。
試算した人員数が実際の物量に比べて多くなりコスト負けするリスクや、逆に少なくなってしまいさばききれないリスクも残ります。また、派遣の場合、労務管理の責任を派遣先企業も負うことになります。

そのようなリスクや業務負荷からすべて開放されて、完全に物量(売上)の波動に比例したコスト構造に変える方法が、請負によるアウトソーシング化です。

料金構造は、作業に1件当たりいくらという料金形態になります。

弊社の実績としては、入出庫作業、ピッキング、アソート、梱包、在庫管理、棚卸し、流通加工など作業の一部や全部を請負っています。各作業現場には原則リーダーとして熟練の社員を設置し、そのもとでスタッフをオペレーションします。各作業工程の品質とタイムスケジュールを適切に管理します。また、物量の波動に応じた人員数の試算〜スタッフ手配まで、全て弊社内でコントロールします。

弊社下記サービスをご提案します

流通加工
流通加工

小分け・結束から梱包、検品まで各種業態・各種商材の作業を請負います。

詳細はこちら
倉庫作業
倉庫作業

倉庫内の入出庫作業、在庫管理作業などを請負います。

詳細はこちら

配車・配送の委託

配車・配送の委託

自社便をなくして、アウトソース化することで、車両管理・人材管理費用を変動費化

自社で輸配送するための車両やドライバーを保有している場合、車両費・車両維持費・ドライバー人件費・配車担当者や運行管理者の人件費、配車効率を高めるためのシステム費(リース・減価償却・維持費)など、様々な固定費が発生します。

また、ドライバーや配車担当者の時間外労働などの労務管理や事故発生時の賠償リスク・信用リスクなど、多くの課題をかかえていると思います。

弊社のサービスは、これら全てをアウトソーシング化することで、上記の固定費や労務管理など様々なリスクから、お客様を開放することができます。

お客様は、出荷データや集荷データを弊社に流していただくだけで、弊社内に設置した配車管理センター内で、ご希望の予算とリードタイムに応じた最適な輸送モードをチョイス・アレンジします。

これによりお客様は、配車業務と車両費の固定費を変動費化することができ、物量の波動に比例したわかり易いコスト管理が可能となります。

弊社下記サービスをご提案します

配送代行
配送代行

お客様からの出荷情報から、最適な配送モードを判断し、配送手配及び配送を行います。

詳細はこちら
人材派遣
人材派遣

スポット派遣から長期派遣、マネージャークラスの特定派遣までお任せください。

詳細はこちら
物流アウトソーシング、物流コンサルティングのことならKSプレミアムスタッフにお任せください 047-411-0240 受付時間 :9:30 〜17:30(土・日・祝日及び弊社休業日を除く)

お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

物流アウトソーシング・物流代行・物流改善のKSプレミアムスタッフへのお問い合わせフォーム
Page top